南米をめぐる旅、ときどきトレック!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0368.jpg

【2014年2月現在】
宿情報は前回の記事からどうぞ!
booking.comでも結構いい宿あります。
プエルトマドリン バルデス半島編

前回のバルデス半島に思ったよりペンギンがいなくてがっかり。。
そこで、当初の予定にはなかったけど南米最大のペンギンの営巣地、
プンタトンボまで足を伸ばすことにしました‼︎
ツアー料金350ペソ。

ちなみに、南米でペンギンというと
①ウシュアイアのビーグル水道、
②プンタアレナスのオトウェイ湾、マグダレナ島も同じく有名。
私は上の2つに行ってないから比較できないけど、このプンタトンボ。
ペンギン好きにはやばすぎる( *´艸`)


プンタトンボに行くまでは、軽ジープに揺られて片道2時間強とけっこう長い。
その先に待っていたのは…
ペンギンパラダイス!!

道の上から! おいでませ。
IMG_0273.jpg IMG_0280.jpg


橋の下にも!! ひょっこり。
IMG_0289.jpg IMG_0292.jpg


ベンチの横でも!!! ぐぅぐぅ。
IMG_0372.jpg IMG_0291.jpg


きゃーー!!

まさに楽園。ごましおのようなペンギン達。
IMG_0327.jpg IMG_0343.jpg


基本、穴や木陰にかくれんぼしてる。
IMG_0346.jpg IMG_0331.jpg


人との距離、こんなもん。近づきすぎるとくちばしで噛まれるから注意!
IMG_5240.jpg IMG_0319.jpg


ぶさ!!羽根替わりの子ペンギン。
IMG_0311.jpg

グアナコをおいかけてよちよち。
IMG_0360.jpg

もし生まれ変わったら今度こそなりたい。
IMG_0365.jpg

おしどり夫婦に!!
IMG_0381.jpg


ペンギンの後は、オプションで船にのってシャチの捕食を見ることもできたんだけど、今回はペンギンに十分満足したのでゆっくり休憩しながらシャチ組を待ちます。

ツアーの半分くらいは移動だったけど、ペンギンが間近にあんなにたくさん見れて大満足!!
楽しすぎて時間が矢のように過ぎていきました。

カラファテ、チャルテンと絡めてウシュアイアやプエルトナタレスで行く人も多いと思うけど…プエルトマドリンも大正解!
おすすめ!!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/02/13 11:34】 | Argentina-アルゼンチン
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/12/09(Wed) 18:16 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。