南米をめぐる旅、ときどきトレック!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carretera Austral
アウストラル街道北上 バックパッカー編閑散期


【2014年3月現在】
後続のバッパーさんのために、とり急ぎ最大の難関とされる国境越えをまとめました。
詳細はまた後ほど。

!!はじめに、チリペソを用意!!
すなわち、プエルトナタレスATMで現金を下ろすということです。
私の場合カラファテでUSドルを闇両替して、20万チリペソ用意して臨みました。
途中ATMは少ないので、ここ大事。

リンク先はスペイン語サイトですが英語の詳細な説明もあり。
船・馬・車の手配など、予約フォームまたはメールで申請できます。
オヒギンスドットコム
チャルテン→オヒギンス国境越えPDF
ただし、閑散期の便数は上記PDF情報よりかなり減ります。
以下は実際に2014年3月に国境越えした時のものです。

※2012-2013とありますが、2014でもこちらが掲載されていました。
※アルゼンチンペソのインフレが激しいので、値段は変更の可能性大。


①El chalten-Lago.del Desierto Sur
(エルチャルテン→デシエルト湖南岸)

バス 毎日9:30と12:00発。170ペソ。
   ツアー会社 Zona Austral Turismo
   住所 Av MM de Güemes 173

※ここで⑥のフェリーの時間を要チェック!!
シーズンによって便数が異なるので、何度か間違ったことを言われました。
彼らは出港カレンダーを持っているので、口頭ではなく見せてもらった方が無難です。

※客全員をピックアップしてから移動するので、実際に移動するのは10時すぎ。
9時半に出て1時間半かかるから11時には着くと説明されたが、
実際に到着したのは12時だった。

②Lago.del Desierto Sur-Lago.del Desierto norte
(デシエルト湖南岸→北岸アルゼンチンイミグレ)

方法1)
フェリー 16時発-18時着。160ペソ。
上記①の旅行会社で一緒に購入可能。

方法2)
トレッキング 所要時間約4.5~5時間 12km
湖側によって歩くと度々道を見失う。
迷ったら山側へ戻ると道にぶつかる。

※北岸への到着時刻が遅い場合、国境越えは翌日に回した方が無難。
宿泊施設がないので、テント必須。
私はヘッドライトを使用して真夜中にチリイミグレに到着しました。

③Lago.del Desierto norte-borderx
(デシエルト北岸アルゼンチンイミグレ→国境)

方法1)
馬利用 1時間 人と荷物60kgにつき、各20,000チリペソ。
1時からイミグレ付近でピックアップ。
ただし馬は2頭からしか予約できない。
荷物だけ預けたい、馬は1頭で十分…という人は、特定の曜日に13時からのみ受け付けてもらえる(らしい。詳細確認中)

方法2)
トレッキング 所要時間約2時間 7km
はじめの2kmこそ上り坂でげんなりするが、以後はほぼ平坦で、歩きやすい。

④border-Paraje Candelaria Mancilla
(国境→チリイミグレ)

方法1)
車利用 1時間? 人10,000チリペソ・荷物5,000チリペソ。
催行2名からだが要相談。

方法2)
トレッキング 所要時間約4時間 15km
ほぼ平地、終盤7kmはガレ場を下り続ける。落差400m。

⑤Paraje Candelaria Mancilla-campament
(チリイミグレ→キャンプ場)

徒歩1km 宿8,000チリペソ・キャンプ場2,500チリペソ
1回目の分岐を右に行きやや下り、その先で2回目の分岐。
右に行くと坂を上った先にある、白い木製のゲートがキャンプ場入口。
キャンプ場の奥を下れば、宿がある。

⑥Paraje Candelaria Mancilla-Bahia Bahamondes
(キャンプ場→フェリー乗り場)

フェリー 16時発 42,000チリペソ 
3月上旬は水曜と土曜、3月下旬に至っては土曜しかない。

※チャルテンでカードで購入できるとの情報があったが、USドルのキャッシュでしか対応してくれなかった。
船内で一瞬パスポートを預け、後で料金を徴収される。
16時発とのことだったが、船が現れたのは17時すぎで、出港は17時半だった。

⑦Bahia Bahamondes-Villa O'higgins
(フェリー降り場→オヒギンス村)

バス 4,000チリペソ
船中で、村までのバスはどうするか聞かれるのでその時に支払う。
到着は9時前で、既に日の入り後。

El moscoという、ほとんどのツーリストが泊まる宿の前に停車する。
ドミ9,000チリペソ・キャンプ5,000チリペソ。wi-fi、キッチンあり。

以上、北上組の最難関ポイント、アウストラル街道に入るまでです。
私は無茶して1日で決行し、チリのイミグレに着いたのは24時で、へとへとになりました。

たまたま日本人に情報が回っていないだけで、
このコース自体は閑散期といえど欧米・チリパッカーで賑わっています。
問題の国境越えについて、彼らのほとんどは車のみ手配していたので、
それがスタンダードのようです。
私の場合は計35km歩いたので、色んな人から驚かれました。。苦

行くまでが一番大変ってどうかと感じますが、
本当に行って良かったと思っているのでぜひ参考にしてみてください!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/03/12 08:33】 | Chile-チリ
トラックバック(0) |
IMG_0368.jpg

【2014年2月現在】
宿情報は前回の記事からどうぞ!
booking.comでも結構いい宿あります。
プエルトマドリン バルデス半島編

前回のバルデス半島に思ったよりペンギンがいなくてがっかり。。
そこで、当初の予定にはなかったけど南米最大のペンギンの営巣地、
プンタトンボまで足を伸ばすことにしました‼︎
ツアー料金350ペソ。

ちなみに、南米でペンギンというと
①ウシュアイアのビーグル水道、
②プンタアレナスのオトウェイ湾、マグダレナ島も同じく有名。
私は上の2つに行ってないから比較できないけど、このプンタトンボ。
ペンギン好きにはやばすぎる( *´艸`)


プンタトンボに行くまでは、軽ジープに揺られて片道2時間強とけっこう長い。
その先に待っていたのは…
ペンギンパラダイス!!

道の上から! おいでませ。
IMG_0273.jpg IMG_0280.jpg


橋の下にも!! ひょっこり。
IMG_0289.jpg IMG_0292.jpg


ベンチの横でも!!! ぐぅぐぅ。
IMG_0372.jpg IMG_0291.jpg


きゃーー!!

まさに楽園。ごましおのようなペンギン達。
IMG_0327.jpg IMG_0343.jpg


基本、穴や木陰にかくれんぼしてる。
IMG_0346.jpg IMG_0331.jpg


人との距離、こんなもん。近づきすぎるとくちばしで噛まれるから注意!
IMG_5240.jpg IMG_0319.jpg


ぶさ!!羽根替わりの子ペンギン。
IMG_0311.jpg

グアナコをおいかけてよちよち。
IMG_0360.jpg

もし生まれ変わったら今度こそなりたい。
IMG_0365.jpg

おしどり夫婦に!!
IMG_0381.jpg


ペンギンの後は、オプションで船にのってシャチの捕食を見ることもできたんだけど、今回はペンギンに十分満足したのでゆっくり休憩しながらシャチ組を待ちます。

ツアーの半分くらいは移動だったけど、ペンギンが間近にあんなにたくさん見れて大満足!!
楽しすぎて時間が矢のように過ぎていきました。

カラファテ、チャルテンと絡めてウシュアイアやプエルトナタレスで行く人も多いと思うけど…プエルトマドリンも大正解!
おすすめ!!

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/02/13 11:34】 | Argentina-アルゼンチン
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
IMG_0208.jpg

バルデス半島に佇むグアナコ。

【2014年2月現在】
宿 BUENA VIDA HOSTEL
100ペソ キッチンあり。
朝食なしだがコーヒー・お茶などはもらえる。
都度ピンポンの必要あり。
バス停近くなので,安宿がある町の奥の方まで行くのが大変…
という人には、おすすめです。
Puerto madryn IMG_5133.jpg


ゲストからのハートのメッセージ&ごはんを狙うねこ。
IMG_0393.jpg  IMG_5158.jpg

実は南米にはペンギンのコロニーがたくさん!
ここプエルトマドリンからは、世界遺産でもあるバルデス半島動物ツアーと、南米最大のマゼランペンギンの営巣地として有名なプンタトンボツアーに参加することができます。

噂では、ペンギンが足元まで近寄ってくるとか!
待っててねペンギン!

※プンタトンボの場合、さらに南にあるトレレウ発のツアーの方が安上がりだけど、町の雰囲気から今回はプエルトマドリン泊にしました。
大西洋が目の前に広がる気持ち良い町です。
IMG_0145.jpg IMG_0398.jpg



まずは、バルデス半島動物ツアーに期待を込めて参加。
ツアー料金:300ペソ。

あいにくの曇りの中出発。
まず向かったのはトドのコロニー。
展望台から岸辺のトドやらアシカやらを見下ろす形で見ることができます。
IMG_0167.jpg

ボエーーボエーーーと轟くトドの鳴き声。
あんなにボエボエ鳴く動物がいることにびっくり。
1匹のオスがメスをはべらせている様子はまさにナショジオで見たままの光景‼︎
口元がすごい。
IMG_0179.jpg


この後はいよいよ!
ペンギンのコロニー・プンタノルテに行くのですが。。

あれ?

ひぃ、ふぅ、みぃ…これだけ?!
IMG_5195.jpg

触れる距離にいるって話は?!全員柵の向こうにしかいないけど?!

終盤立ち寄った海(Puerto Piramide)がいかに綺麗でも騙されません。
IMG_5218.jpg

いや、騙されないから!!
IMG_5209.jpg


こんなもんじゃないでしょあなたの本気は‼︎
これには、ペンギン目当てで参加したイスラエルの女の子も不服を隠さない。

ということで、翌日こそ!
大本命のプンタトンボにリベンジに行くことに。そこには…
ほらめっちゃいたー!!!

続きはこちらまで☆
プエルトマドリン プンタトンボ編

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/02/12 10:28】 | Argentina-アルゼンチン
トラックバック(0) |
【2014年2月現在】
IMG_5034.jpg

皆さん、お金が欲しいときはどうやって調達していますか?
銀行やコンビニのATMに行ったり、
SuicaやEdyをチャージしたり。
なるほどなるほど。

ここブエノスアイレスでは、
USドル調達のためには国境をも越えます。

カネと言えばウルグアイ、
ウルグアイと言えばカネ、
そんなウルグアイドリームを夢見て旅人達は今日も海を渡るのです!

※アルゼンチンの人達は自分の資本をペソでなくUSドルで持ちたい。
けれどこの国ではドルが引き出せないから、
公定より良いレートでの
闇両替が日常行われているのです。
その差は1.5倍近く!
そんな貴重なUSドルが隣国ウルグアイATMでおろせてしまうのだから行くっきゃない。


みなさん、アルゼンチンに行くときは必ずUSドルを持参しましょう。

フェリー・バス会社は下記の3つ。
下記リンクで、上野山荘・日本旅館と主要3社のオフィス・乗り場を確認できます。
ブエノスアイレス フェリー会社位置関係
こんな感じ。文字がかぶってるので適度に拡大してください。
フェリー

Seacatが安いと評判のようです!
Colonia Express
月-金 10:00-19:00 土日休み

Seacat Colonia
月-金 9:00-19:00 土9:00-13:00 日曜休み

BUQUEBUS
月-金 9:00-19:00 土9:00-14:00 日曜休み

そんなこんなで船に揺られること2時間弱。
着いて速攻、目指すはATM!!
場所はこちら。最寄りはバスターミナル内ですね。
201403261021567ed.jpg

週末はATMが空になってしまうことが多いようなので気を付けましょう。
ようやくドルを手に入れて一同ひと安心。

任務を終えた後は、帰りのフェリーまでのんびり過ごす。
いちいち絵になる可愛いらしい街です♪
IMG_5007.jpg

IMG_5014.jpg IMG_5087.jpg

IMG_5061.jpg IMG_5062.jpg
コーヒーとマテ茶がなかよしこよし♡

チームアコンカグア、いやチーム肉?のみなさんも、
海に囲まれてのんびり。海抜ゼロ、酸素だらけ!!
本当におつかれさまでした!!
IMG_5071.jpg

IMG_5081.jpg

本日のシメの一文はこちら。
「Donde esta mi paraguas?」

はい、使用1回目で傘をフェリーでなくしました。
それというのも出発時のブエノスの雨がナイアガラの滝を上回る勢いで…
だから必死で不可抗力で…

忘れ物には気を付けましょう。
二度とでてきません!!




FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/02/07 17:40】 | Uruguay-ウルグアイ
トラックバック(0) |
【2014年2月現在】
IMG_0048.jpg
宿:日本旅館 100ペソ(1000円)長期割引有り
  マンガ・書籍等充実!!
  管理人の小川さんご夫妻が細かく情報提供してくれました。
  ただし、先方のご都合もあるので
  事前コンタクトすることを強くおすすめします!!
tripadvisor
google map Cochabamba 472, Buenos Aires


運よくアルゼンチンに入国できて、
ブエノスに滞在すること1週間。

神ニート、ちがうカミニートっていう
タンゴdeアートな街を散歩して
IMG_0018.jpg

IMG_0023.jpg

日曜市でお買い物

カラフルなマテ茶入れに
IMG_0072.jpg IMG_0086.jpg

タンゴのリズムに舞う謎のバッタ
IMG_0091.jpg IMG_0096.jpg

そしてアルゼンチンは革製品が安い!
その場で名入れもしてくれるカバーは小さいもので50ペソ(500円)からと
おすすめ!
IMG_0098.jpg 革

個人的に大きかったのは友達との再会。

会社の同期だった彼女は結婚して、今や旦那さんと世界一周中。
たびたび高峰にも挑戦してもう2年半にもなる。

いつもがむしゃらに邁進している様子はいつも私の背中も押してくれる、
何よりも大切な友達。なのですが。

アコンカグア登頂のチームと一緒にいると聞いて
もう、前みたいには話せない遠い世界の人になってしまったんじゃないかと
どんな顔して会えばいいやら少しナーバスでもありました。

けどそんな心配は全くの不要だった。

なぜなら再会の瞬間、わたし

管理人さんからお叱り真っただ中!!
感動してる余裕ゼロ!!


展開についていけず、反論もできずにテンパる私。
再会の感動は予想の斜め上をもって消えうせたけど
彼女は優しく迎えてくれたのでした。

どのくらい怖かったかって、
一方的にこう見えるくらい怖かった。
shirohannya11.jpg

リアルタイムでは2か月近く経つけれど、
あの時が何よりも戦慄の瞬間だった……
いや、最初に注意されといて良かったきっと……

でも、やっと会えた。
やっと会いに来れたよ。

いつも何かがしたくてウズウズしていた私たち。
あの時の気持ちを思い出して、
うちらの旅は、またここから始まる!!
IMG_3075改

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2014/02/06 17:35】 | Argentina-アルゼンチン
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。